自分の幸せは自分で作ると決めた。

中学校から自分の夢がなかった。お嫁さんになることーとかだった。

自己評価が低くて、誰かと結婚すれば幸せになれると思ってた。

でももうやめたー。依存してたし。

自分の価値を、付き合ってる人に評価してもらってた。

だから嫌われるの怖かったし、愛されるために必死だった。

そんな子供みたいでいちゃだめだ。

最近はそのことに気づいた。自分の弱さ・抱えていたコンプレックス。

学歴がない、家が貧乏。。。

そんなことでいつまでも嘆いていた。

自分の人生はだからうまくいかないんだって思っていた。

いつまでもいつまでも過去にとらわれて、自分の人生に期待できないでいた。

自分の人生を変える勇気もなかった。今のままでいた方が楽だから。過去を言い訳にしていた。努力するのが嫌だったから。

誰かに幸せにしてもらうことは、その誰かの人生の船に乗せてもらうことだ。

昔付き合っていた人に、「結婚したら負債しかないじゃん」って言われた。

当時は傷ついたけど、今は彼がなぜそういったのか理解できる。

彼の船に乗っかろうとしていたんだね。わたしは。結婚したら幸せになれるって信じていた。そしたら私は価値があるって・・・

重荷になるよ、それは。つぶれてしまう。

だからほかの女の子になびいていっていたのは今ではよくわかる。

わたしといるとつらかったんだと思う。

当時の私は何故だか全然わからなかった。

「なんであの人は誠実じゃないの」

よく思っていた。よくケンカした。とても悲しかった。不安でいっぱいだった。

今は自分の価値は自分で決めるって決めた。

自分の幸せは自分で作る。

だから今仕事を頑張ろうって思えるし、新しい挑戦も楽しいって思う。

そんな私を応援して協力してくれる人もいるし、心強い。

自分の人生をやっと歩める気がする。

自分の船を自分で漕いでる。中島みゆきさんの「宙船」だね。

「お前のオールを任せるな」

不安がなくなった。押しつぶされてしまいそうになることがなくなった。

いつも穏やかでここちがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です